練成会グループ 採用サイト

学力の向上とともに、心を育てる。それが練成会の集団指導授業です。

 練成会のルーツは1977年に誕生した帯広の学習塾です。創業以来約40年間一貫して「熱意あふれる親身な授業」を子どもたちに提供してきました。得意な科目はさらに伸ばし、苦手科目は克服できるよう効率的な5科目指導(中学生)を実施。授業の後半には「理解度プリント」や単元ごとの復習が可能な「マスターテスト」も行って、わかるまで徹底して指導します。現在、練成会グループの生徒が各地区TOP校の入試において高い合格占有率を誇っているのは、生徒の努力はもちろん指導力の高さの証しといえるかもしれません。
 しかし、練成会グループの集団指導事業部が目指しているのは単なる合格や高得点ではありません。我々の創業理念は「心と創造」。高い学力を身に付けてもらうだけではなく、豊かな心を育むことをモットーとしています。授業などの関わりを通して、一生懸命に努力する姿勢の素晴らしさを伝えていくことも講師の仕事です。教育の力で、次代の日本を担う人材育成を目指しています。

集団指導事業部が運営する教室

黒板の前に立つ先生が生徒を引きつけ、ぐいぐいと引っ張るのが練成会グループの集団指導授業。小4から中3まで学年ごとに学力別のクラス編成で授業を行います。子どもたちのやる気を引き出すのは、熱血講師陣による分かりやすい授業。「こんな授業は見たことがない」と生徒たちを驚かせたくて日々研鑽を積み重ねています。


映像授業を中心とした個別学習の教室です。対象は小4から中3生。生徒は各自パソコンで映像授業を受講した後、理解したかどうかを確認する演習問題に取り組み、間違った問題を中心に個別指導を行います。予定に合わせて時間割を設定できるため、習い事や部活との両立が可能。一人ひとりの学力や学校の進度にあった授業選択もできるので、効率的に勉強できます。

生徒の学力にあわせたクラス編成

練成会グループの小学部は「練成クラス」と「選抜クラス」の2つ、中学部は「練成クラス」「選抜クラス」「特選クラス」の3つのクラスに分かれています。「練成クラス」は、教科書の完全理解を目標に基礎から応用までスモールステップで進みます。このほか各地区TOP校合格を目指す「選抜クラス」、中学の学習範囲を超えた内容までハイレベルに勉強をする「特選クラス」と学力に応じて分かれており、生徒が上を目指して頑張れる仕組みと、部活との両立ができる環境を整えています。同じ学力レベルの子どもたちが切磋琢磨しあう教室をつくることで、生徒のモチベーションを高め、成績アップへとつなげます。