練成会グループ 採用サイト

練成会の志

教育を通じて国の発展に寄与する。それが我々、練成会グループの使命です。

塾が地域にできることは、まだまだある。地域貢献は練成会グループの使命です。

地域にあってほしい塾であるために。

 近年は共働きの家庭が増え、放課後を家で一人で過ごさなくてはならないお子さんも増えています。保護者の皆さんから「安心して預けられる場所がほしい」という声を耳にするようになりました。そこで、試験的に始まったのが「放課後クラブ」。練成会の教室を地域の子どもたちに開放し、安心して過ごせる場所を提供するサービスです。
 ご利用は事前に保護者と子どもと面談し、利用する曜日や時間帯を決める登録制。小学1年〜中学3年までが対象となります。冷暖房費と入退室管理費として月1,500円(税込)をいただきますが、開放日は週に何度来てもオーケー。自習室で宿題をしたり、図書コーナーの本を自由に閲覧したりできます。専任講師が常駐するので、学校での悩みも相談可能。放課後クラブ独自のイベントも企画しています。まだスタートしたばかりで、今は札幌市内の12教室のみですが、今後も増やしていく予定です。

セキュリティシステムで守る、子どもの安全。

 練成会グループでは塾生の安全、保護者の安心を第一に考え、率先してさまざまな取り組みを行っています。「あんしんメール」もそのひとつ。塾生の皆さんが塾の建物に入ったときや出るときに塾生証をカードリーダーに差し込むだけで、事前に登録した保護者のケータイや自宅のパソコンに自動的に時間が連絡されます。出席状況や帰宅時間がリアルタイムに把握できると好評です。
 この「あんしんメール」の進化形が、塾入退室管理システム「カザス」。塾生がエントランスで端末にカードをかざすだけで、保護者のケータイやパソコンへ写真付きのメールを自動送信するシステムです。入退室の時間はもちろん子どもの様子も画像で確認できるのでより安心。
登録された保護者のメールアドレスは、緊急時の連絡手段やイベントのご案内などにも活用されています。