練成会グループ 採用サイト

世界へ・全国へ

首都圏と変わりない学習環境を北海道の子どもたちへ

東京インターナショナルスクール・札幌円山アフタースクール - グローバル時代を生きていく子どもたちに、英語で自分を表現する力を授けたい。

東京インターナショナルスクール 札幌円山アフタースクール - 日本にいながら留学しているような、英語漬けの環境を提供。

 英語のペーパーテストは高得点でも、英会話として運用するのは苦手という人は少なくありません。リスニングにせよ、スピーキングにせよ、もう少し小さいうちから体験すれば、外国人に対するアレルギー反応を克服できるのではないか。そうした思いで練成会グループが幼児教育や小学校低学年向けのプログラムを探していたときに出合ったのが東京の南麻布にある「東京インターナショナルスクール」でした。これをぜひ北海道に導入したいと働きかけ2014年夏に首都圏以外では初めて札幌市中央区の円山エリアに開校させることができました。
 講師は全員アメリカの大学を卒業し、幼児に対する英語教育で3年以上経験を持つネイティブばかり。「日本語を覚える時期に英語も学ぶのは負担ではないか」と心配する保護者の方もいますが、バイリンガルの子どもたちは自然に2カ国語を身に付けていきますから、環境さえ整っていればムリなく修得できるのです。

探求型プログラムで、グローバルスキルを身に付ける。

 インターナショナルスクールは一歩建物に入ったらオールイングリッシュです。日本語で話してしまったときは「ノージャパニーズ!」と注意し合い、徹底した英語環境を守ります。教科書や指導書も使いません。好奇心を引き出す「探求型プログラム」を提供します。これは発達段階に応じて設定されたテーマについて、自分で答えを探し求めていくカリキュラム。たとえばクッキングなら、何をつくるかから始まり、必要な材料は何か、それはどこで手に入れるか、どこでつくられたものなのかなど、問いを深めながら背景にある農業や科学を英語で表現していきます。現在は小学生が放課後に通うアフタースクール(学童保育)に約70名が通っていますが、2015年春からはキンダーガーデン(幼稚園)もスタート。将来は札幌市内の東部、北部、南部など4カ所ほどに展開する計画です。

  • 集団指導
  • 個別指導
  • 世界・全国へ
  • 練成会の志
  • 合宿・イベント
  • 総務・作成課