株式会社練成会

青森練成会 本部長

安部 光

札幌市出身 /経済学部卒 /14年目

得意ではなかった英語科で「全国模擬授業大会」
名古屋大会、栃木大会で日本一に。
青森本部創設4年目にして県内のトップ高校の合格実績を地域トップにした達成力に優れるリーダー。

ボトムアップで
120%の力を引き出したい。

私は現在、地区本部長として20代から50代までの職員のリーダーを任されています。
リーダーにもいろんなタイプがいると思いますが、私はトップダウンで引っ張っていくのではなく、ボトムアップで頑張ってもらうタイプ。職員の考えを120%引き出そう、眠っている力を呼び覚まそうと思っているので、何よりまずはコミュニケーションを大切にしています。

年齢層も幅広くそれぞれ考え方も違うので、いろいろな情報を準備して話題を広げるなど、できるだけ多くの話をしてもらうようにしています。職員たちの心の状態を想像してより良い方向に持っていくために、特に若い世代には、社会人として成長させることができるように力を尽くしています。誰にでも自分にしか出来ないことがあり、その力を子どもたちのために発揮してもらいたい。
そういう場所づくりをしたいと思っています。

どの科目であろうとも、
教育の本質は不変

もともと社会科の教師になろうと思っていたのですが、自分の力を最大限に活かせる場をと考え、進路を変えました。
入社後は社会科ではなく、自身の苦手科目だった英語科を担当することになりました。
しかし、科目は生徒と関わる一つの手段であって、どの科目だろうと子どもたちの未来に何ができるかという教育の本質は変わらないと気づき、そこで一念発起。

入社2年目で「全国模擬授業大会」に挑戦し、英語科で優勝することができました。
初回の挑戦で良い結果を出したことから俄然自信がついたのですが、そんな時に創業者の奥山会長から“謙虚であれ”という言葉をいただきました。
その後、運営の仕事も任されるようになると今村社長より“直球だけではなく時に変化球も必要”という言葉をかけてもらいました。上司はもとより上層部たちも職員を見守っています。
その期待に応え、これからも練成会の発展に貢献していきたいと思っています。

マイナビ 2021 キャリタス就活 2021