株式会社れんせい

畜大練成会
統括兼任本部長
教務統括部長

鈴木 将志

札幌市出身 /経済学部卒 /16年目

帯広・北見・釧路地区を統括、教務の責任者も兼務。数学の講師も担い、「高校入試解答速報」解説者の顔も持つ。
パワフルな行動力にあふれるリーダー。

若くても責任あるポジションを与えられる

大学時代の4年間、違う塾で講師のアルバイトをしていました。将来は教育関係の仕事に就きたいと思っていたこともあり、全道展開し、規模を拡大している環境で自分の力を試したいと練成会グループに入社しました。
1、2年目は自分の成長のことで精一杯でしたが、その後4年目に教科主任、6年目にブロックの補佐、8年目にブロック長、11年目に本部長にと役職を与えられていくごとに視野が広がっていきました。

現在は3つの本部の統括本部長を務めながら、授業や教材の選定やシステムづくり、テスト作成など講師たちの授業を視察してアドバイスをする、教務の仕事もしています。二足のわらじでは足りないくらい忙しいですが、充実しています。

長になって成長したのは、自分自身だった

とはいえ、本部長になりたての頃は、どうしたら皆がついて来てくれるかなど、たくさんの悩みを抱えていました。自分でも一番変わったなと感じているのが、11年目に本部長になった頃です。それまでは、自分が先頭に立ち、仕事をどんどん先へと進めていくことを良しとしていました。

授業ではいつも子どもたちが爆笑する楽しい時間づくりをしていましたが、本部長として対職員には真面目で硬い接し方をしていました。
でもそれは違うのではないかと思い、生徒と職員、どちらも同じようにやって行こうと考え方を変えたんです。
若くても責任あるポジションを任せてもらえ、キャリアアップも早い。それらは練成会グループで働く大きな魅力でその通り一生懸命になっていましたが、自分には少し立ち止まり、振り返る時間も必要でした。家族や周りからは良い意味でカドが取れたと言われました。肩に力が入っていたのだと思います。
職員たちを導く本部長という立場になることで、自分が変わり、成長出来ていると感じています。

マイナビ 2021 キャリタス就活 2021